No.043-黒いものが視界に見える

黒いものが視界の中に見えるのは飛蚊症(ひぶんしょう)

 黒い点や虫のようなもの、または薄い雲のようなものが視界にみえるということで受診される方が一日に3,4人はおられます。この症状を飛蚊症(ひぶんしょう)といいます。症状であって病気の名前ではありません。

目を動かしても、ついてくるので、文字通り「目の前を蚊が飛んでいる」ように感じます。飛蚊症の形はひも状のものやリング状のものなど千差万別です。
普段は気が付かなくても、白い壁を見たときや青い空を見たときによりくっきり見えます。

飛蚊症はほとんど場合は、加齢などの生理的変化によるものなので心配ないです。

でも、たまに網膜剥離など早く治療したほうがいい病気の前触れだったり、目の中に出血があったりすることもあるので、飛蚊症が出てきた場合は、眼科で瞳を開く目薬を入れて目の中を隅々まで検査するのが通例です。

飛蚊症の原因は?
 飛蚊症の原因は、治療しなくていい「生理的」なものと、治療をしなければならない「病的」なものがあります。

①生理的飛蚊症
 眼球の中には透明なゼリー状のもの=硝子体(しょうしたい)というもので占められています。この硝子体は、99%以上が水分で、その他にわずかに線維を含んでいます。若いときには透明で濁りがありませんが、年齢とともに線維と水分が分かれて中に空洞ができます。それがさらに進行すると眼球の内側のカベから硝子体がベロリと離れて、線維の塊が眼球の中をふわふわと浮いた後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)と呼ばれる状態になります。この線維の塊は、影になって見える状態が飛蚊症です。この硝子体剥離という段階では何の害もなくまだ病気ではありませんが、たまにこれが網膜裂孔や網膜剥離という病気を引き起こすことがあるので注意が必要です。飛蚊症は消えることはないです。でもそのうち慣れてきてあまり邪魔に感じなくなります。

②病的飛蚊症
 飛蚊症はほとんどの場合は大丈夫ですが、たまに深刻な目の病気の始まりのこともあります。

 ・網膜裂孔・網膜剥離(もうまくれっこう・もうまくはくり)
 眼球の内側に張り付いている網膜に穴が開いてしまったり(網膜裂孔)、さらには網膜が剥がれてしまうと(網膜剥離)、しばしば飛蚊症が見えます。網膜剥離が進んでくるとカーテンで隠されたように視野が欠けてきたり、視力が見えなくなってきたりします。網膜裂孔や網膜剥離が起きても痛みは全くありません。でも治療を行わないと、失明する可能性が高いです。

 ・硝子体出血(しょうしたいしゅっけつ)
 糖尿病や高血圧、外傷などが原因で硝子体の中に出血することがあります。ひどい出血の場合は、目の前に墨が垂れてきたような見え方や、霧がかかったような見え方をしますが、出血が軽度の場合は飛蚊症として自覚されることがあります。最初は軽症であっても、日に日に影が濃くなるようであれば、出血が続いていると考えられます。
 
 ・ぶどう膜炎
 ぶどう膜炎というのは眼球の中に炎症がおきることです。硝子体が濁ることがあり、その際は飛蚊症がでます。大体は目が赤くなり、まぶしくなったりします。

 ・・・飛蚊症は、たいていは年のせいで生理的なもので、心配しなくて大丈夫です。でもまれに網膜剥離など重大な病気の前触れのこともあるので、早めに一度眼科で診てもらったほうが無難でしょう。

FAQ一覧に戻る
2017年11月28日 火曜日