No.040-ドライアイは温める?冷やす?

「目が乾いたら冷やしたほうがいいんですか?温めたほうがいいんですか?」という質問を時々受けます。

温めたほうがいいと思います。

コンタクトレンズやスマホの普及もあって、今や日本のドライアイ人口は2200万人以上まで増えました。

黒目の表面は涙に覆われており、さらに涙の表面はまぶたから出る油の層で覆われています(油層)。この油層で涙が蒸発しづらくなっています。
最近はこの一番上の油の層が涙の蒸発を防ぐのに大切といわれています。

もっと詳しく言うと、上まぶたも下まぶたもその縁には小さい孔が20~30個くらい並んでいて、その孔から終始ちょっとずつ油がでています。この孔から奥に行く管のことを
マイボーム腺といいます。
この管がいろいろな原因で詰まるんです。そうすると目が乾燥しないように涙の表面に張っていた油が足りなくなって、ドライアイが悪化します。

マイボーム腺が詰まる原因

①目の周りの雑菌でマイボーム腺に慢性的に炎症が起きて詰まる。
②年を取るうち孔に至る管が狭くなったり、老廃物で詰まる。
③化粧品が詰まったり炎症を起こして詰まる(マスカラ、アイライン、エクステとか)。

なので

目の周りをじんわり温めると、毛穴が開くようにマイボーム腺も開いて、詰まっている老廃物や油も柔らかくなったり溶けたりします。
そこに軽~く目の周りをマッサージすれば、マイボーム腺のつまりがなくなり、以前のように涙の表面に油がしっかり分泌され、ドライアイもよくなるというわけです。

ちなみに温める方法としては売っているホットアイマスクや、お湯を自分で絞ったホットタオルとかで温めます。

FAQ一覧に戻る
2017年10月17日 火曜日