No.032-目が乾くので眼科でもらったドライアイの目薬をなんども点眼してよいか

それはよくないです。眼科でよく出されるドライアイの目薬は

①人工涙液
②ヒアルロン酸製剤
③ジクアホソルナトリウム
④レバミピド

などがあります。
これらは基本的に一日4回、眼科医が許可した場合は多くても一日に6回までです。

市販目薬や、眼科で処方される目薬には防腐剤が含まれていることが多く、何度も点眼していると防腐剤によって角膜(くろめ)に傷がついてしまうことがあります。

最近は防腐剤の入っていない目薬もありますが、これらも決められた回数をこえて頻繁に点眼するのは控えた方がよいでしょう。
本来、角膜(くろめ)には涙の膜があり、これが目を保護しています。また涙には、外から入ってくる菌に対し殺菌したり、角膜(くろめ)のキズを治したり、眼に酸素や栄養を運んだり、とたくさんの役割があります。

防腐剤が入っていないからといって、目薬を決められた回数以上に何度もさしていると、この大切な涙が洗い流されてしまい、かえって症状が悪化することがあります。

FAQ一覧に戻る
2016年6月3日 金曜日