No.030-テレビを近くで見ると目が悪くなるのか?

学校健診の時期になりました。この時期では特にそうなのですが、小中学生のお子さんを持つ親御様から、「テレビを近くであまり見ない方がよいですか?」という、質問を受けます。テレビを近くでみると目は悪くなります。

テレビに限らず、何をするにしろ近づきすぎてみていると、近視が進んで目は悪くなります。

学 童期に目が悪くなるのはほとんどが近視(近眼)が進むからです。このくらいの年でそうなるのは親が目が悪かったことよりは、生活環境が原因だと報告されて います。さらにどんな生活をしていると近視が進むか日本や海外で研究されその報告がたくさんありますが、ざっとまとめると

<近視が進む原因>

①近くを見すぎている

②都会での生活

③知能指数が高い

④学歴

②③④ に関しては、そのこと自体が原因になるわけではないような気がします。都会で生活するとスマートフォンやパソコン作業をする機会が増え、①の「近くを見す ぎる」時間が増えますよね。③④も最近では中学受験をするお子さんが増えました。すると小学生が終わった後に夕方から塾に通って9時まで勉強したりするの で必然的に①の「近くを見すぎる」時間が増えます。結局、大きな原因としては「近くを見すぎている」ということだと推測されます。

今年の眼科学会誌に面白い論文が発表されました。

東京都と小笠原諸島にそれぞれ住む小中学生に対し、視力健診の結果がどれくらい違うのか調べたところ、小笠原諸島に住む小中学生の方が明らかに視力が良かったという結果が報告されました。

さらにこの研究では、小笠原諸島にテレビ放送が始まる前と始まった後ではそこに住む小中学生の視力がどうなったか、ということも同時に調べました。すると、テレビ放送が始まってからだんだん視力が悪くなってきているという結果でした。

こういった研究からもテレビを見ると視力が悪くなるという可能性は十分あると思います。

FAQ一覧に戻る
2016年4月15日 金曜日